RBS、55億ドルで米FHFAと和解

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

英金融大手RBSは7月12日、米国での金融危機以前の住宅ローン担保証券(RMBS)の販売に関する係争で、55億ドルの和解金を支払うことで、米連邦住宅金融局(FHFA)と合意したと発表した。RBSは2005年から2007年にかけて総額320億ユーロ相当のRMBSを不適切に販売して米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)に損害をもたらしたとして提訴されていた。この和解により、FHFAは訴えを取り下げるが、このいわゆるサブプライム問題では、ほかにも米司法省による捜査などが続いており、RBSは全てが解決したわけではないと説明した。同行はこの問題の費用として、年初に引当金を67億ポンド(86億ドル)にまで引き上げていた。