ルーマニア政府、 企業売上高課税の計画を放棄

ルーマニア政府は7月12日、企業の売上高に対する課税の計画を放棄した。6月末に発足したばかりのトゥドセ政権は同国で事業を展開する外国企業が「不誠実な行動」をとっており、法人税の課税対象となる利益を過少...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。