フランスで原子炉閉鎖に関して議論が沸騰

ユロ仏エコロジー・連帯移行相が7月10日に、ラジオ局RTLのインタビューで、最大で原子炉17基の原子炉の閉鎖を示唆したことが、エネルギー部門の労組の間で物議をかもしている。主要労組のCGT、CFE-C...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。