仏GM&Sの救済策:国が500万ユーロの投資を約束

仏経済省で7月11日、仏GM&S(自動車部品)の救済策を協議する関係者会合が開かれた。同社は仏自動車大手(PSAとルノー)の下請けで、7月19日にはポワチエ商事裁判所が、同業GMDが提出した買収案につ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。