シーメンス製のタービン、ロシアが独断でクリミア半島に転用の疑い

独産業大手シーメンスは7月10日、信用できる筋の情報として、同社がロシアに納入したガスタービンのうち2基が、ロシアが併合を主張するクリミア半島に勝手に転用されたと発表した。シーメンスは、クリミア半島の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。