フラマンビル原子力発電所の敷地地下から廃棄物:EDFは放射性なしと主張

フラマンビル原子力発電所の敷地内に廃棄物が不法に埋設されていたことが明らかになった。日刊紙パリジャンが10日付で報じた。
同発電所では、EPR(第3世代加圧水型炉)を建設する工事が進められているが、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。