欧州委員会、内分泌撹乱物質の定義に関して合意

欧州委員会の食物連鎖・動物衛生常設委員会(SCFCAH)は7月4日、農薬に利用される内分泌攪乱物質(環境ホルモン)の定義について合意した。「人間や動物の健康に害となり、ホルモンと同様に作用する物質で、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。