エンジー、仏首都圏でバイオマス熱生産施設を開所

仏エネルギー大手エンジー(GDFスエズ)は7月4日、パリ近郊のセーヌサンドニ県にバイオマス熱生産施設を開所した。設置容量は26.5MW。年間3万8000トンの木材を燃料として利用し、県内の暖房網に暖気...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。