極右FNのマリーヌ・ルペン党首、欧州議会架空雇用疑惑で予審通告受ける

極右FNのマリーヌ・ルペン党首は6月30日、「背任」と「背任共犯」の容疑で予審開始通告を受けた。予審は担当の予審判事が起訴の是非を決めるために行う裁判上の手続き。この容疑は、欧州議会における架空雇用疑...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。