仏化学のケムワン、電解施設を新設

仏化学のケムワン(Kem One)は6月29日、マルセイユ近くのラベラ工場に新設した電解施設を開所した。投資額は1億6000万ユーロ。新施設の生産能力は塩素で年間32万トン、苛性ソーダ(水酸化ナトリム...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。