BP、アンゴラ沖のガス鉱床探査権益を放棄

英石油大手BPは6月29日、アンゴラ沖の天然ガス鉱床の探査権益50%を放棄し、これに絡んで7億5000万ドル(6億6000万ユーロ)の減損処理を行うと発表した。同鉱床は2014年に発見されていた。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。