政府、労働法典改正の方針を公表

ペニコー労相は28日、労働法典改正に関する方針を説明した。
政府は、労働法典改正をオルドナンス(行政令)の形で政府が行うことを認める内容の授権法案を閣議決定。同法案は近く国会で審議・可決される。政府...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。