夏物商品、バーゲン開始

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

本日6月28日からほぼ全土で夏物商品のバーゲンが開始される。期間は4週間。百貨店プランタンのパリ本店では、夏物商品に混じって、ロングコートや革ジャンなどが店頭に並べられる。夏物商品に限らず、割引価格で購入できるブランド品への需要を見込んでいる。この背景には、正式なバーゲンが開始される前に割引品が販売されるという現象が定着していること、今年は6月に猛暑の日が続いたことで、夏の必需アイテムであるサマードレスやサンダルがすでに購入済みということがある。さらに夏物と冬物の垣根が低くなりつつあり、夏冬を通して着用できるブランド品への需要も高まっているという。ヴァネッサ・ブリューノでは、カシミヤのセーター(370ユーロ)を50%引きで販売する予定だが、バーゲン開始2日で在庫がさばけると予測している。
また、大人向け衣料では、50%、70%割引を待っていると、欲しい商品が売れきれてしまうリスクがあるが、子供向け衣料については7月半ばまで待つと、安くで購入できる可能性が高い。子供服ならば、プチバトーやジャカディなどのブランド品でも、バーゲン期間の終了間際になると、ネットショップのMon Showroomや大型小売店のFrench Scooterなどで50%引きで購入できるという。