マクロン政権、ネオニコチノイド系の農薬の禁止措置を巡り軋轢

マクロン政権の閣僚が6月26日、相反する発表を行う一幕があった。ミツバチの減少の原因と疑われているネオニコチノイド系の農薬について、使用禁止の緩和の是非を巡り、トラベール農相とユロ環境相が異なる内容の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。