仏ラメード製油所のバイオ製油施設転換計画、バイオ燃料部門の批判も招く

仏石油大手トタルによる仏ラメード製油所のバイオ製油施設への転換計画が環境NGOだけでなく仏バイオ燃料部門の批判を招いている。6月23日付の仏レゼコー紙が報道した。トタルはラメード製油所をバイオ製油施設...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。