経営難のエア・ベルリン、倒産の可能性を否定

ルフトハンザドイツ航空に次ぐ独航空大手のエア・ベルリンは6月14日、主要株主のエティハド航空が2018年末まで支援を約束していると説明、倒産の懸念払拭に努めた。エア・ベルリンは2016年に損失7億82...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。