仏ラメード製油所、石油残渣リサイクル施設を設置へ

仏石油大手トタルは仏ラメード製油所(ブーシュデュローヌ県)の再編の一環として、海運部門で発生する石油残渣を精製して燃料などに転換するリサイクル施設を設置することで、Ecoslopsと合意したことを発表...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。