アレバ、ドイツで廃炉契約を獲得

仏原子力大手アレバは6月9日、独ブルンスビュッテル原子力発電所の廃炉に関する契約を獲得したと発表した。独EWN(廃棄物処理)とコンソーシアムを組み、原子炉の解体と、圧力容器内部構造物や炉心廃棄物の収納...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。