トルコで逮捕の仏人ジャーナリスト、釈放に

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

トルコで1ヵ月前から勾留されていた仏人写真ジャーナリストのマティアス・ドバルドン氏(37)が9日、釈放を経てフランスに帰国した。同氏はフリーランスのジャーナリストで、5年前からトルコ・イスタンブールに本拠を置いて同国の取材を続けていた。クルド人が多数派の南東地方の街で、政治とは関係がないテーマでの取材旅行中に当局に逮捕され、クルド人過激派組織PKKのプロパガンダに協力した容疑で勾留されていた。マクロン仏大統領はこの問題でトルコのエルドアン大統領と2度に渡り協議し、釈放を求めて働きかけ、トルコ側もこれに応じて同氏の本国送還を決めた。