BNPパリバ、資金洗浄対策の不備で罰金処分

仏ACPR(金融部門監督機関)は2日、仏大手銀行BNPパリバに対して1000万ユーロの罰金処分を言い渡した。資金洗浄対策の実施が不十分であると認定した。
ACPRは、金融犯罪の疑いを司法当局に通報す...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。