医師による延命治療の停止決定を認めた法律、憲法評議会が合憲と認定

憲法評議会は2日、意思表示ができない回復の見込みのない患者について、医師の判断により延命治療を打ち切る法令について、合憲の判断を下した。
最小意識状態に陥るなどして回復の見込みがない患者について、医...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。