マクロン大統領、来仏のプーチン露大統領と会談

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

マクロン大統領は29日、ベルサイユ宮殿にロシアのプーチン大統領を迎えて会談した。プーチン大統領とは初めての顔合わせとなった。
プーチン大統領は、ベルサイユ宮殿トリアノンで開催のピョートル大帝訪仏300年記念の特別展を訪問するため来仏した。マクロン大統領は、ベルサイユ宮殿の前庭にレッドカーペットを敷いて出迎え、厚遇にてプーチン大統領を歓迎した。両国間の関係は良好とは言えないが、マクロン大統領は、壮麗なもてなしで関係改善に取り組む姿勢を示しつつ、同時に、協議は続けるが重要問題で安易に譲らない考えも示した。
両首脳が会談後に揃って開いた記者会見で、マクロン大統領は、ロシアとの対話なしに解決できる重要問題はないと述べて、ロシアとの対話の重要性を強調。会談では、すべての問題について、率直で直接的な意見交換を行ったと述べた。大統領は記者会見の機会に、ロシアが支持するシリアのアサド体制については、化学兵器の使用があれば、フランスはただちに報復すると述べて、ロシアをけん制した。大統領はまた、ロシアのメディア2社(ロシア・トゥデイとスプートニク)を選挙事務所から出入り禁止とした件について、虚偽の情報を流布するなどしたこれらの報道機関は報道機関としてふさわしくないと判断したと説明、ロシアの影響力を前に丸腰では臨まない姿勢をちらつかせた。