コンゴ(民):北部でエボラ出血熱患者を確認

コンゴ民主共和国の北部に位置する低ウエレ州でエボラ出血熱の患者が確認された。当局が5月12日に発表した。1976年にエボラ出血熱ウィルスが発見されて以来で8度目の流行となる。
エボラ出血熱は低ウエレ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。