CGT、組合員差別の集団訴訟を開始:サフラン子会社の提訴を予告

主要労組CGTは5月23日、サフラン・エアクラフト・エンジンズ(サフラン子会社)を相手取った組合員差別の集団訴訟を開始した。会社側に提訴の予告状を送付した。会社側は6ヵ月の期限で和解のための交渉を行う...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。