トタル、カルランで新たな施設を開所

仏石油大手トタルは5月11日、仏カルラン拠点(モーゼル県)において新たな生産施設を開所した。同拠点ではスチームクラッカーによりエチレンを生産していたが、アジアや中東の施設の競合を受けて年間1億ユーロ超...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。