ルイ・ヴィトンによる京都の厳選スポット

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ルイ・ヴィトンの2018年クルーズコレクションが5月14日に日本で発表された。ショーが行われたのは滋賀県のミホ・ミュージアム。美術館入り口へと続く山と山の間に架けられた橋がランウェイとなった。ショーの後は京都の祇園新橋でアフターパーティーが行われ、舞妓たちが出迎えるというサプライズに海外のゲストから歓声が上がった。
京都はフランス人観光客にも大人気だ。雑誌ヴォーグのシティガイドに掲載された、ルイ・ヴィトンが選んだ観光スポットを以下に紹介。今度は外人目線で京都を楽しんでみてはいかが。

寺院:
・東福寺(アートとして鑑賞できる庭園は圧巻)
・天龍寺(天龍寺は嵯峨嵐山に建つ「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されている)
・伏見稲荷大社(朱色の鳥居が連なる、お稲荷さんの総本宮)
・金閣寺(言わずと知れた京都で最も有名な観光名所)

飲食:
・順正(南禅寺の美しい庭園を眺めながらの京会席と湯豆腐をたしなむ)
・一力(祇園で屈指のお茶屋)
・アカガネ(東山にある大正時代の贅をつくした邸宅での優雅な一時)

宿泊:
・フォーシーズンズ京都(竹林に囲まれた5星ホテル、2016年10月に新装オープンしたばかり)
・翠嵐(嵐山にある伝統的な高級旅館、上級な“オモテナシ”の精神)
・リッツ・カールトン(5星ホテル、プール付きスパが有名)

その他:
・錦市場(400年の歴史を誇る京都の台所)
・ミホ・ミュージアム(設計はルーブル美術館のピラミッドを設計したイオ・ミン・ペイによる。日本有数の私設美術館)
・サーフディスコ(新感覚のナイトクラブ。壁や天井のグラフィティは必見)
・新橋通(弁柄格子の町屋が続き、祇園で最も京都らしいと言われる新橋通)

関連記事