マクロン新大統領、原子力発電政策の行方は

マクロン新大統領が就任し、その原子力発電に関する政策の行方が注目されている。オランド前大統領は「2025年までに原子力発電が電源ミックスに占める割合を75%から50%に引き下げる」と公約、これに基いて...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。