アレバの労組員による「狂言暴行」事件裁判、検察は罰金刑を求刑

仏ベルサイユ地裁で5月15日、仏原子力大手アレバの女性元労組員(61)の「狂言暴行事件」をめぐる刑事事件裁判の公判が開かれた。この女性はアイルランド出身で、アレバ子会社で英語教師を務める傍ら、アレバ・...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。