交通事故死、4月に18%増

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏政府の交通安全対策機関(ONISR)によると、4月の国内の交通事故死者数は287人に達し、前年同月比で18.1%増加した。死傷者の合計も22%増加し、人身事故の件数も18.5%増加、病院の入院者数も29.2%増を記録した。ONISRによると、4月に交通事故が急増したのは好天で交通量が増したことが主な原因で、過去12ヵ月間についてみると事故数はほぼ安定的だという。

関連記事