フランス・テレビジョン、コンテンツ配信プラットフォームを立ち上げ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

国営フランス・テレビジョンは9日、コンテンツ配信プラットフォーム「France.tv」を立ち上げた。同社が展開する300に上るサイトを統合し、非従来型のコンテンツ配信を一括して同プラットフォームで行う。単純化により可視性を高め、集客力の向上を図る。
フランス・テレビジョンによる動画の視聴数は現在、月間で5億回程度だが、2020年にはこれを10億回に増やすことを目指している。新プラットフォームはインターネット・サイトであると同時に、IPTVの配信事業者を通じたサービスの提供も行う。今のところはオレンジとフリーがサービスに組み入れた。キャッチアップTVに留まらず、ダイジェストなど独自編集のコンテンツを発信し、様々な利用形態に即したフォーマットを開発する。当面は一部のコンテンツのみ有料で提供、この秋にはSVODの加入者契約の提供も開始する。公共サービスとしての建前もあり、ユーザーのデータの第3者による利用により利益を得ることはしないが、お勧めコンテンツの表示などにはデータを利用する。