アルジェリア:合計特殊出生率、2035年までに2.1人が目標

保健省は、5月6日の「国際助産師の日」の機会に、合計特殊出生率を2035年までに2.1人に引き下げるとの目標を掲げた。
アルジェリアは1970年代にとった家族計画及び人口制限に関する政策が実を結び、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。