Uniperの仏バイオマス発電計画、延期の恐れ

独Uniper(旧EON)の仏子会社が南仏ガルダンヌ(ブーシュデュローヌ県)にある石炭火力発電施設のバイオマス発電施設(設置容量150MW)への転換を計画している件で、マルセイユ行政裁判所の報告官は、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。