有名クリエイターとメーキャップブランドのコラボが続く

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

最も注目されるのは、クチュールメゾンのバルマンとロレアル・パリが共同で開発するメイクのカプセルコレクション。9月のパリ・ファッションウィークに合わせて発表される。ロレアル・パリの人気商品である「カラーリッチ」を中心に展開される口紅の限定コレクションは、カリスマ的人気を誇るバルマンのアーティスティックディレクター、オリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)の監修。ルスタンは、「女性らしさを強調し、女性の価値を高め、自己表現の手助けをしたい」と語る。ルスタンがデザインするパーッケジデザインも楽しみだ。
レトロスタイルを売りにする人気クリエイターのオリンピア・ルタン(Olympia Le-Tan)とランコムは、カプセルコレクション「セクシー・ヴィンテージ・グラムール」を8月に発売予定。ルタンの詩的な世界観が表現される。
そして、フランスを代表するメーキャップブランドのNarsは、春夏コレクションにパリジャンシックを代表する女優で歌手のシャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)を迎えた。フレンチアイコン同士のコラボは、シンプルな仕様でナチュラルなニュアンスのカラー展開となっている。

関連記事