パリ市場CAC40指数、時価総額でLVMHがトップに

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏LVMH(高級ブランド)は5月3日、時価総額が終値で1170億ユーロを超え、石油大手トタル(1161億ユーロ)を抜いて初めてパリ株式市場で時価総額トップに立った。
トタルは2000年以来、時価総額トップの座を維持してきたが、一時的にオレンジ(通信)、EDF(仏電力)、サノフィ(製薬)にトップを奪われたことがある。
2016年の売上高は、LVMHが376億ユーロ、トタルが1429億ユーロで、LVMHは遠く及ばないが、利益率ではトタルを上回っている。LVMHはこの1年間で株価が59.5%の上昇を記録、トタル(12.3%の上昇)を追い抜くに至った。