大統領選世論調査:マクロン候補の優位は「消去法の支持」に由来

ルモンド紙などの依頼で行われた世論調査(1万3742人を対象に4月30日と5月1日の両日に実施)によると、大統領選決選投票における支持率は、マクロン候補(「アン・マルシュ」)が59%、極右FNのマリー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。