FNを巡る不祥事で新たな動き

大統領選の決選投票に進出した極右FNのマリーヌ・ルペン候補について、仏捜査当局は4月29日付で不逮捕特権の解除を求める請求を行った。欧州議会を舞台にした架空雇用疑惑について事情聴取を行うため、欧州議員...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。