アレバの労組、ラアーグ再処理工場の安全性に警鐘

仏原子力大手アレバのラアーグ再処理工場(ノルマンディー地域圏マンシュ県)の安全性が「低下」していると、同社の労組(CGT-FO-Unsa-CFDT)や地元の議員らが4月27日に警鐘を鳴らした。労組は昨...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。