仏高級ブランド、1−3月期に2桁の成長

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏高級ブランドの1−3月期売上高が出揃った。全てのブランドが2桁の増収を記録した。特に中国での需要増に牽引されアジア市場が好調であったこと、旅行客の回復を受けて欧州市場が復調したことが大幅増収の背景にある。
最大手LVMHの売上高は99億ユーロで、増収率は前年同期比で15%(有機的成長率は13%)に上る。主要ブランドのルイヴィトンが入るファッション・レザーグッツ部門の成長が目立った。ケリングの売上高は37億5000万ユーロで、増収率は31%(有機的成長率28.6%)。主要ブランドの伊グッチの成長率は実に48.3%に達する。エルメスの売上高は13億5000万ユーロで、増収率は13.5%(有機的成長率11.2%)。特にアジア市場(日本を除く)の成長率は16%に達した。