仏領ギアナの抗議行動が収束

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

住民の抗議行動が続いていた仏領ギアナ(海外県)で21日、国と抗議行動推進派の間で合意が成立した。1ヵ月余り続いた抗議行動が収束するめどが立った。
政府は5日の時点で18億6000万ユーロに上る支援措置を決定したが、抗議行動推進派はさらに21億ユーロの上乗せを要求してストや幹線道路の封鎖などを続けていた。ただ、このところは推進派の内部にも長期化する抗議行動への反対論が出るようになり、政府との間で落としどころを探る動きが続いていた。
政府は結局、21億ユーロの追加支援について、優先的な検討課題に設定して早期の決定を目指すことを約束、従業員数50人の企業を対象にした10年間の免税措置の導入など、個別の要求項目についても実現への努力を約束した。