バルプロ酸ナトリウムの薬害問題:肉体的先天性異常の被害者は2000-4000人の見込み

健保公庫と仏医薬品安全庁(ANSM)は4月20日、バルプロ酸ナトリウムが胎児に及ぼす影響に関する調査を発表した。バルプロ酸ナトリウムは仏製薬大手サノフィがDEPAKINE(「デパケン」)として、てんか...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。