アレバとSopaminが絡む「ウラニウム・ゲート」、ニジェールで問題に

4月14日付の仏ルモンド紙は、仏原子力大手アレバと国営ニジェール鉱山資産会社(Sopamin)が絡んだニジェール産ウランの不正売買疑惑「ウラニウム・ゲート事件」について報道した。この事件はニジェールの...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。