仏ラメード製油所のバイオ製油施設転換計画、環境NGOが批判

仏石油大手トタルは仏ラメード製油所(ブーシュデュローヌ県)の運転を2016年末に停止した。同製油所に2億7500万ユーロを投資し、2018年までにバイオ製油施設に転換する。この計画について環境NGOか...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。