ベルギー・ワロン地域で社会党が後退、労働党が台頭

ベルギーのワロン地域で、Publifin社をめぐる政界の汚職疑惑をきっかけに、従来からの最大政党である社会党(現在も同地域の政権党)の支持率が急落し、中道右派・自由主義系の改革運動や左派のベルギー労働...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。