オスロ市の大気汚染対策、2025年には新車のCO2排出をゼロに

仏ルモンド紙は4月12日付けでノルウェーの首都オスロ市(人口70万人)の大気汚染対策を紹介した。同市では2015年の選挙で環境派(緑の党)を含む左派系政権が成立し、環境政策が強化された。現在の優先課題...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。