G7エネルギー相会合、気候変動に関する共同宣言を行わず

G7エネルギー相会合が4月10日、イタリア・ローマで開催された。気候変動に関する共同宣言は米国の反対もあり署名されなかった。米トランプ政権は気候変動に懐疑的な立場を示しており、パリ協定離脱も辞さない構...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。