極右FNのマリーヌ・ルペン党首、修正主義的な発言で物議に

極右FNのマリーヌ・ルペン党首の9日の発言を巡り、新たな論争が発生した。マリーヌ・ルペン党首はテレビ局などとのインタビューの際に、1942年7月16日にパリで発生したユダヤ人大量逮捕(いわゆる「ベルデ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。