仏自転車市場、電動アシスト自転車が牽引

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

仏では、自転車市場が2016年に史上初めて10億ユーロを突破した。特に電動アシスト自転車の普及が目覚ましく、販売台数は13万4000台(うちマウンテンバイクが1万50000台)に達し、前年比で31%増加した。電動自転車の平均価格は1018ユーロで、自転車市場の前年比6%拡大に貢献した。
自転車市場においては、大都市でのバイクシェアリングの普及や、電動アシスト自転車の到来が、潜在的な顧客の拡大につながっている。特に電動アシスト自転車のマージンは、通常の自転車の3倍に達しており、自転車業界の採算性を押し上げる効果を発揮している。また、通常の自転車でも、幼児運搬用の籠付き三輪車や、泥除け機能が強化された通勤用自転車など様々な製品が発表されており、市場の伸びをもたらしている。

関連記事