モナコ公国の埋立地プロジェクト:ブイグ、ケーソンをマルセイユ港で製造へ

モナコ公国の埋立地造成プロジェクトで、施工に加わる仏建設大手ブイグは、護岸用ケーソンの製造をマルセイユ港湾内で行うことを決めた。港湾内に1万平方メートルの埠頭と3万2000平方メートルの水面を確保した...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。