EDF、フェッセンハイム原子力発電所閉鎖を条件付きで承認

EDF(仏電力)は6日に開いた取締役会で、フェッセンハイム原子力発電所を閉鎖する方針を承認した。同発電所は仏国内で最も古く、オランド大統領はその閉鎖を公約に掲げていた。任期満了の直前に、発電所閉鎖の方...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。