FNに新たな架空雇用疑惑

週刊紙カナール・アンシェネは5日付号で、極右政党「国民戦線(FN)」を巡る新たな架空雇用疑惑について報じた。マリーヌ・ルペン党首がノールパドカレ地域圏(現在のオードセーヌ地域圏)のFN議員団長を務めて...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。